自分で自分に無理を強いる生活はやめました

私はフルタイムで働く独身一人暮らし女です。
サービス残業、休日出勤も当たり前な業界で働いているので、どうしても家事をする時間が限られています。

一人暮らしを始めたばかりの頃は、
「毎日お弁当つくろう」「掃除機はこまめにかけよう」「水回りの掃除は週一で休日にまとめてやろう」
なんて、自分の理想の生活・家事を徹底しようとしましたが、現実は甘くありませんでした・・・。

仕事で疲れて、平日に料理をする気になれない。
掃除機かける時間よりも睡眠時間が大事。
平日何もしなかった分、休日にそのしわ寄せがきて、せっかくの休みの日が家事をしてクタクタになって終わる。

そんな生活をどうにか改善したくて、家事の時短テクニックをネットで検索して調べました。
実際に私が実践したのは、

・お風呂の浴槽の蓋を撤去
蓋の溝は汚れやすいし洗いにくいので、そもそも使わないことに。
一人暮らしなのでお湯を保温する必要もないですしね。
賃貸なので邪魔にならないところに片づけました。

・シンクの排水溝の蓋を撤去
これも蓋を洗う手間が省けます。
それに生ごみが溜まればすぐ気付くので、こまめに排水ネットを交換するようになりました。

・おかずの作り置き、冷凍保存
お弁当用のおかずを、休日にまとめて作っておくことにしました。
朝はお弁当箱に詰めるだけでOK。
勤め先に電子レンジがあるので、冷凍のおかずも解凍せずそのまま詰めています。

・服は畳まずハンガー収納
洗濯し終わったらハンガーにかけ、そのままベランダへ干す。
取り込んだらハンガーのままクローゼットへ。
物干し竿に洗濯物を保護するカバーを付けているのですが、そのおかげでハンガー自体が汚れにくくなりました。
花粉も防げて一石二鳥です!

そんなこんなで、ちょっとだけ楽に家事ができるよう少しずつ改善していった私ですが、それでも理想の生活とは言えませんでした。
なぜかというと、すぐにサボってしまうから!(苦笑)

情けない話ですが、身体や心が疲れると、「今日はもういいや、明日やろう」という思考になり、「動きたくない病」にかかります。
(おそらく自分のストレス発散法は「睡眠」なのだと思います)
そして”出来なかった”、”サボった”という事実が、完璧にやろうとしている私に、さらなる心のストレスとして返ってくるようになりました。
疲れる→家事をやらない→ストレス→また何もできない、という悪循環・・・。
そうしてやっと気付くことができました。
「自分の身の丈に合わない無理を自分で強いている」のではないかと。

それからは、自分の考え方を見直しました。
例えば、
毎日自炊しなくても、たまにはコンビニ飯でも良いんじゃないか。
スーパーに行く時間が無いなら、ネットで買物する方法もあるよね。
洗濯物溜めちゃっても、まとめて洗う方が節水になるなぁ。
そんな風に考えて、サボったり楽をした自分を責めないようにしました。

毎日料理や掃除をこなす方は、本当にすごいです。めちゃめちゃ尊敬しています。
でも同じことが自分にできるかと言えば、そうではありません。
理想を追いすぎてしまって、なかなかその事に気付けませんでした。

頑張れるときは頑張る、そうじゃないときは気にせず休む。
そう考えて日々を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です