頑張りすぎずに楽しくをモットーに

生きていくためには衣食住はかかせません。
働かないとその衣食住は手に入りません。
どんな仕事でも疲労とストレスはつきものです。疲れ切った体で家に帰ると待っているのは家事です。
私も最初は仕事も家事も頑張るぞ!と意気込んでいましたが、そのうち家に帰っても仕事をしているようなストレスが溜まっていきました。
家に居ても仕事をしていてもなぜ私はこんなに頑張らなくてはいけないんだ・・・スーパーに通ってなるべく安い食材を探すよう努力しているのにお金は貯まらない。
お金は貯まらないのにストレスは何倍も溜まっていく。
そんな生活に嫌気がさしてきた時、気づいたのです。
私はなんのために頑張っているのだろう。どうせ人は1度しか人生を送れないのにこんなにつまらない人生でいいのかと。
それから私は心と体の休息日を作る事にしたのです。週休2日の内、1回は掃除と洗濯をさぼろう!別に部屋が散らかっても座る場所が確保できれば問題ない。洗濯を1日しなくても着る服はある。そして週に1回外食しよう。確かにコストはかかるけどその分、その外食を楽しみに節約料理に励むことが出来たのです。
休息日を作ることによって、気持ちにも体にも少し余裕が出来て、なぜ今までそうしなかったのだろうと思いました。
余裕が出来た後の次の課題は笑顔です。このままではつまらないと思ってせっかく始めた休息日。楽しくないと始めた意味がありません。
とにかく笑うのです。好きなお笑い芸人が出ているテレビでも友達とのおしゃべりでもなんでもいいのです。一日一回以上は笑顔になれる事を見つけて笑うのです。
そうすると明日からまた頑張ろう!という気持ちになるのです。
それから辛い節約もゲームに変えていくのです。まず自分の中で1週間の予算を決めます。もしその予算に収める事が出来なかったら週に1回の外食は諦める。収める事が出来たら好きなものを食べに行ける。そうしていくと自然と節約も楽しくなっていきました。
私生活が楽しくなって来たら次は仕事です。辛くても働かないと生きていけない。どうせなら仕事も楽しくしたい。
まずは愚痴は減らそう。仕事をしていると理不尽なことはたくさんあります。私は完璧主義で理不尽なことが許せないのです。そのため、いちいち理不尽な事に腹を立てていたのです。
世の中にはいろんな人がいると割り切る。割り切れない場合はその人の立場になって考えてみるのです。それでも納得できなければ初めて声に出せばいいのです。
相手の立場になれば相手に寄り添う事が出来て自然と嫌いな人も減っていくのです。そうすると今まで苦手だと思って距離を置いていた人ともコミュニケーションが取れるようになり、円滑に仕事ができるようになるのです。
このように、以前の私は仕事も家事も完璧を求めていました。
たまにはサボってもいいのだ。肩の力を抜いて息抜きをしたら心にも余裕が生まれる。
笑顔でいる事を意識すれば自然と楽しい生活が送れる!そう思って日々少しでも楽しくを心掛けて生活しています。

ポリピュアEXのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です